「ねじまき鳥クロニクル/村上春樹 作」を読んで(1)

この作品には、ありとあらゆる「暴力」が描かれている。それは平凡な日常の「すぐ裏側」に存在し、隠蔽された空間で、弱者を苦しめる。あるいは戦時となれば、その暴力を巧みに操れる人ほど「強力な支配者」となり得  [・・つづく]

つづきを読む