パパの歌

今日はちょっと趣向を変えて、お気に入りのうたでBlog書いてみる。

パパの歌(忌野清志郎作曲、糸井重里作詞)




私は別にRCサクセションのファンでもないし、清志郎フリークでもなんでもないんだけど、このうただけは惹き付けられる。ひとことで言うと「お父さんを代弁するうた」である。糸井さんが作詞しているんだけど、「パパの心の琴線に触れる」言葉だと想う。「糸井さん、よくぞ言ってくれた!」みたいな(笑)。そのイメージを清志郎が、見事に体現している。いいなぁ~♪

家のなかでは トドみたいでさ
ゴロゴロしてて あくびして
時々ブーっと やらかして
新聞みながら ビールのむ

これ、まるちょうにも当てはまる。特に「ブーっとやらかす」のはしょっちゅう。妻と息子が眉間にしわを寄せて遠ざかる。まるでバイオハザードである。俺は汚染物質か!(爆) でも「ブー」というのはまだよい。たまに「ビチビチ」というウエットな放屁することもあり、そんなとき妻は「今の、出たんじゃない?」とすごい疑念の目で私を見る。見くびらないでくれ。私だって大人だ。それくらいのコントロールはできるのだ。

おならにこだわるけど、私のおならはすごく臭い。バイオハザードたる所以である。細かく分類すると、肉系と野菜系があって、なんだかんだ言っても自分のおならにはそれなりの愛着がある。独身時代には、鼻が曲がるような臭い放屁をして、みなが顔をしかめているのを尻目に「芳醇!」と独り決めポーズ。母は「何が芳醇や!」と呆れていた。「芳醇」というのは割と気に入った表現だったんだけど、まわりの理解は得られなかった。

昼間のパパは ちょっとちがう
昼間のパパは 光ってる
昼間のパパは いい汗かいてる
昼間のパパは 男だぜ

カッコイーちょっと脱線した。上記のように、自宅では単なる屁こきトドなのだが、働いている時は結構いけてるんじゃないかと思うんですけど、どうですか? おならもこかないし(←当たり前w)、口数も少ないし、見るからに清潔感があり、きちんと仕事する。こうしてみると両極端だな。「ちょっとちがう」どころではなく「相当違う」のかもしれない。でも考えてみてください。自宅で限りなく弛緩できるからこそ、職場でよい仕事ができるのです。このうたは、その真実をしかと表現している。家でのパパと働くパパの対照を、すごく肯定的で優しいまなざしで捉えている。そこがとてもよい。

わが妻にも、最大限に感謝したい。屁こきトドたる夫を、広い心で放し飼いにしているんだから。何度も言うが、家で屁こきトドでいられるからこそ、職場でよい仕事ができるのだ。緊張と弛緩、このメリハリがないと、社会人は特に駄目だと思う。糸井さんと清志郎、万歳。「パパの歌」でBlog書いてみました。