投稿者: まるちょう

Mac/Blog/音楽/読書/色鉛筆画/将棋/ジム/ヨーガ//三人家族のパパです。やさぐれ内科医。医療の底辺で日々奮闘中。MacBook,iPad,iPhone所有。音楽はJazz中心に何でも。お気に入りのJazzを聴きながら、文章こさえるのが至福のひとときです☺️

純粋に「根性を試される」とき(まるちょう診療録より)

ある朝、T診療所に出勤すると、コロナ濃厚接触で医師が一人減っていた。したがって、総合外来は二診体制となる。発熱外来は止めるとのこと。現場にいる者は「今そこにある状況」でもってやっていくしかない。理屈や  [・・つづく]

つづきを読む

「月と六ペンス/サマセット・モーム 作」を読んで

ふとしたきっかけで、本作を読み始めた。例のごとく、地獄のような「遅読」である。だって、通勤のJRで10分ずつ読む、あるいは読まないとか、そんなんやし。サマセット・モームは初めて読むが、なかなか面白いと  [・・つづく]

つづきを読む

本当は誰もがやさしくなりたいのです

まず、この動画を見てください。 ある休日の午前、ひとりカラオケで気まぐれにこの唄を歌った。そして僕は嗚咽し、涙が止まらなくなった。歌詞の一部が心の琴線に触れたからだ。 本当は誰もが やさしくなりたい  [・・つづく]

つづきを読む

産業医研修会で「その先生」が取った行動とは?

認定産業医という資格がある。この資格を継続するためには、五年間で最低10回の研修を受けなければいけない。これ、正直、めんどくさい。僕自身、産業医として働いたことがあるので、そのときは役に立ったとは思う  [・・つづく]

つづきを読む

「医者は賢くなくていい」という言葉について

ごめんなさい、これ、私が学生時代くらいに聞いた言葉です。テレビで討論会をしていて、お題が「医師不足の時代をいかにするか」みたいなことだったと思います。そこで医師会代表の年配の先生がぽろっと「医者は賢く  [・・つづく]

つづきを読む

近況・・次回の色鉛筆画について紆余曲折

今年の医家芸術展が、八月下旬に開催されることとなりました。たぶん、今回はちゃんと開催される見通しです。そこで、あとひとつ、色鉛筆画を描きたいと思っていた。 僕の場合、モチーフとなる写真を自分なりに消化  [・・つづく]

つづきを読む